>  > WinmaX STREET ATS TOYOTA WiLL Vs リアシュー用 【品番S2342】 型式ZZE129,NZE127 年式01.04-04.04

WinmaX STREET CR車高調キット ATS TOYOTA WiLL Vs 製 リアシュー用 【品番S2342】 型式ZZE129,NZE127 年式01.04-04.04

WiLL ATS STREET Vs WinmaX 年式01.04-04.04 STREET リアシュー用 Vs 型式ZZE129,NZE127 【品番S2342】 TOYOTA

ここまでで、ホームページの「目的」と「誰に伝えたいか」が明確になり、
「誰に」「どんな行動」をとってほしいか(=目的)が決まりました。

ですが、人が行動を起こすには「理由」が必要です 【送料無料】 205/50R16 16インチ ENKEI エンケイ RP-F1 7J 7.00-16 DUNLOP ダンロップ ルマン 4(LM704) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション 145/65R15 DUNLOP ダンロップ WINTER MAXX 02 WM02 ウインターマックス 02 RAZEE V25 レイジー V25 スタッドレスタイヤホイール4本セット。

仮に「問い合わせ」や「商品を購入」してもらうためには、
「選ばれるための理由」が必要です。

インターネットだからといって、世界で一番安くある必要はありません。

・特定の地域(半径○キロメートル)で一番早く提供できる
・アフターサービスに自信がある
・最新の情報をどこよりも詳しくお届けできる

など、競合と比較して「強み(=選ばれる理由)」を明確にしましょう。




ここまでの段階(ステップ1~3)で、ホームページを作るための「コンセプト」が完成しました 。

この「ステップ1~3」が曖昧だと、
仮にどんなにきれいなホームページの「形」を作っても意味はありません

ホームページで伝えるメッセージに、まず必要なのは
「誰に」「どんな行動」をとってほしいのかを明確にすることです。

現実世界でも思っているだけでは何も伝わりません。

ここまで出来たなら、次に必要なことは、「コンセプト」を具体的な「形」にしていく事です。

WinmaX STREET ATS TOYOTA WiLL Vs リアシュー用 【品番S2342】 型式ZZE129,NZE127 年式01.04-04.04

☆ブレーキパッド専門メーカーのウインマックス製ARMA
★純正のブレーキパッドでは得られない満足感!
★ストリートモデルのパッド3種からベストチョイス可能!


AT1:ブレーキの安心感を低コストで求める方へ!
純正パッド同等の性能を維持しつつ、カッチリとしたペダルタッチを好むストリートユーザーへ。
パッドとロータもロングライフ。ホイール汚れや鳴きも低減。
平均μ:0.33~0.35 / 対抗温度(℃):常温~400℃ / 材質:ノンスチール材(ノンアスベスト)
定価:フロント、リア¥8,000+(消費税)、※ブレンボ標準車は定価\3,000+(消費税)UPとなります。

AT2:ストリートパッドのスタンダードモデル!
純正パッドより効力性能を20%アップ。鳴きや汚れも純正レベルに抑制しています。
平均μ:0.38~0.43 / 対抗温度(℃):常温~450℃ / 材質:ノンスチール材(ノンアスベスト)
定価:フロント、リア¥12,000+(消費税)、※ブレンボ標準車は定価\3,000+(消費税)UPとなります。

AT3:ストリートでも確実な効きが欲しい方へスポーツフィールのパッド!
効きを重視しているストリートユーザーへ。優れた耐フェード性とコントロール性能を実現。
平均μ:0.43~0.48 / 対抗温度(℃):常温~500℃ / 材質:ノンスチール材(ノンアスベスト)
定価:フロント、リア¥15,000+(消費税)、※ブレンボ標準車は定価\3,000+(消費税)UPとなります。

ATS:リアシューもグレードアップで最適なブレーキバランスを!
効き・磨耗・ブレーキ鳴きに優れるストリート専用リアシュー。S4桁品番は、リアシューになります。
平均μ:0.33~0.35 / 対抗温度(℃):0~350℃ / 材質:ノンスチール材(ノンアスベスト)
定価:リアシュー¥12,000+(消費税)、※ブレンボ標準車は定価\3,000+(消費税)UPとなります。


■メーカー:エムケーカシヤマ株式会社 ウインマックスディビジョン
■商品名:ARMA/アルマ ストリート ☆AT1,2,3からお選びください
【ATS】
効き★★
鳴き★★★
汚れライフ★★★★★
※ご購入の際は必ず車検書をご確認下さい



それでは次の段階に進みましょう。

戻る   次へ

 


  index
  ステップ1:ホームページの「目的」を決める
  ステップ2:「誰に」伝えたいかを考える
ステップ3:「強み(=選ばれる理由)」を明確にする
  ステップ4:伝えたいこと必要なことを書き出す
  ステップ5:書きだしたものをグルーピングする
  ステップ6:全体の構成図(サイトマップ)を完成させる
  ステップ7:ページのレイアウト構成を決める
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-88738