>  > Artina アルティナ フロアマット ロイヤル ベージュ スカイラインセダン/クーペ R33 H05.08~ 2WD車
メディア
ニュース
» 2018年07月13日 09時30分 公開

Artina アルティナ フロアマット ロイヤル ベージュ スカイラインセダン/クーペ R33 H05.08~ 2WD車

Artina アルティナ フロアマット ロイヤル ベージュ 国産車 スカイラインセダン/クーペ R33 H05.08~ 2WD車 3600cc【687

[竹本達哉,EE Times Japan]

2WD車 アルティナ R33 ロイヤル スカイラインセダン/クーペ ベージュ Artina H05.08~ フロアマット ベージュ 2WD車

 Keysight Technologies(日本法人:キーサイト・テクノロジー)は2018年7月12日、自社顧客向けイベント「Keysight World 2018」(会場:東京・JPタワーホール&カンファレンス/会期:2018年7月13日まで)で、オシロスコープの新製品として帯域幅最大110GHzを誇る「Infiniium UXRシリーズ」を発表した。10Gビット分解能で、サンプリング速度256Gサンプル/秒の性能を持ち、

、テラビット級の次世代高速通信研究用途などに向ける。発売は、2019年2~3月ごろを予定している。

「Infiniium UXRシリーズ」を発表したKeysight Technologiesのプレジデント兼CEOのRon Nersesian氏(右)とシニアバイスプレジデント兼最高技術責任者のJay Alexander氏

 帯域幅110GHz、サンプリング速度256Gサンプル/秒など「多数の業界最高性能を達成した」(Keysight Technologiesシニアバイスプレジデント兼最高技術責任者 Jay Alexander氏)という同社オシロスコープのフラグシップモデルを世界に先駆け東京でお披露目した。「日本では、多くの技術革新が生まれており、Keysightにとって重要な市場である。だからこそ、発表の地として日本を選んだ」とAlexander氏はその理由を説明する。

 Infiniium UXRシリーズが主にターゲットにするのが、次世代高速ネットワーク技術の研究領域。「世界中がネットワークでつながりつつある中、データ量の増大に伴いより高速なネットワーク技術が求められている。400Gビット/秒(bps)通信の先に、800Gbps、1Tbpsという超高速通信技術が見え隠れしはじめているが、そうした次世代の超高速通信技術を正確に測定できるツールはこれまで世界に存在しなかった。その中で、Infiniium UXRシリーズは、1T超のネットワーク研究にブレークスルーを与えるオシロスコープ」(Alexander氏)

新型オシロスコープ「Infiniium UXRシリーズ」の概要 (クリックで拡大) 出典:キーサイト・テクノロジー

優れたシグナルインテグリティ性能

 既に完成しているInfiniium UXRシリーズの試作機では、ノイズフロア1.0mVrms未満、内部ジッタ25フェムト秒(fs)rms未満、チャンネル間ジッタ35fsrms未満を達成。有効ビット数(ENOB)は、100GHz時5ビット、110GHz時4.5ビットとなっている。Alexander氏は「こうした優れたシグナルインテグリティ性能は、量産機ではさらに向上する可能性がある」と見通しを語る。

「Infiniium UXRシリーズ」が搭載するフロントエンドモジュール(左)とアクイジョン基板。フロントエンドモジュールには、自社で開発、製造する主にインジウムリン(InP)をベースにした8つのASICチップが並び、ノイズ抑制のために金シールドを用いたファラデーケージ構造を採用している。アクイジョン基板には自社設計のカスタムA-Dコンバーターの他、プロセッサ、ハイブリッドメモリキューブ(HMC)が実装されている (クリックで拡大) 出典:キーサイト・テクノロジー

 こうした性能により、1Tbpsクラスのネットワークに適用される可能性のある64GBaud、256QAMのコヒーレント変調信号についても 【メーカー在庫あり】 (株)タンガロイ タンガロイ 外径用TACバイト JSDFCL1212H07 HD、「従来のオシロスコープで、64GBaud、256QAMのコヒーレント変調信号のEVM測定は不可能だった」(同氏)という中で2.6%のエラーベクトル振幅(EVM)を測定できたとする。

64GBaud、256QAMのコヒーレント変調信号の測定イメージ (クリックで拡大) 出典:キーサイト・テクノロジー

 Infiniium UXRシリーズは、帯域幅80GHzモデル、100GHzモデル、110GHzモデルをラインアップする予定。価格は「1億円から1億8000万円程度になる見込み」(キーサイト・テクノロジー・ジャパン)とする。

日本市場重視の姿勢を強調

 Keysight World 2018で開かれた記者会見には ガナドール デリカD:5用リアラダー RD-23、Keysight Technologiesプレジデント兼CEOのRon Nersesian氏も登壇し、日本市場を重視した事業展開を継続していく姿勢を強調した。Nersesian氏は「日本には世界最大規模の自動車産業がある。また2020年の東京五輪開催に向けて日本で画期的な技術、サービスが生まれようとしている。そうした点から、Keysightにとって日本市場は魅力のある市場であり、これからも日本の顧客への支援を強化していく」とした。

関連記事

  • Keysightが「USB計測器」に本格参入
    Keysight Technologies(日本法人:キーサイト・テクノロジー)は2018年6月18日、PCとUSBを介して接続し使用する計測器(USB計測器)を製品化し、USB計測器市場に本格参入すると発表した。ベクトルネットワークアナライザー(VNA)、オシロスコープ、IQ信号任意波形発生器を製品化し、「Streamlineシリーズ」として展開する。
  • キーサイト、5G商用化で日本と韓国市場を重視
    5G(第5世代移動通信)システムは、五輪開催を機に商用化が進む。キーサイト・テクノロジーは、ミリ波技術と限られた開発期間に対応できる計測ソリューションを提供する。
  • ローデ、独自色を強めたハイエンドオシロを発売
    Rohde & Schwarzの日本法人ローデ・シュワルツ・ジャパンは2018年6月、最大8GHz帯域モデルをそろえるハイエンドオシロスコープ「R&S RTP ファミリー」を発売した。
  • 12ビット新型オシロ、8GHzで最大5Gポイントのロングメモリ
    テレダイン・レクロイ・ジャパンが発表したオシロスコープ「WavePro HD」は、12ビット分解能、周波数帯域が最大8GHzでサンプリング速度が最大20Gサンプル/秒を実現している。しかも、最大5Gポイントのロングメモリを搭載した。
  • 5G NR向けテストシステムなどを披露 キーサイト
    キーサイト・テクノロジーは、「マイクロウェーブ展 2017」で、「最高性能」にこだわった測定器と、5G NRの本格普及に向けたテストソリューションを展示した。
  • 次世代Wi-Fi規格「802.11ax」、標準化完了に向け前進
    2018年7月1日は U-KANAYA ユーカナヤ ガード・スライダー アルミビレットフロントフォークガード ガードカラー:チタンカラー ガードリングカラー:ゴールド VTR250、次世代無線LANの規格であるIEEE 802.11ax(以下、802.11ax)にとって記念すべき日となる。エンジニアらは PROTEC プロテック GTM-01 精密燃料計 FI車専用 (No.11285)、同規格の初期ドラフトがこの日に認可されると見込んでいる。
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-71233