>  > 【送料無料】【ホイール1枚】【BMW】ENCO ERZ(エンコ エルツ) 18×8.0 PCD120/5H +30 ボア径:72.6(専用) カラー:ブライトグレーメタリックポリッシュ[e17240]
取付店直送可 スタッドレス 14インチ 185/70R14 ヨコハマ アイスガード6 IG60 共豊 スマック スパロー NGP タイヤホイール4本セット 新品 国産車

【送料無料】【ホイール1枚】【BMW】ENCO ERZ(エンコ エルツ) 18×8.0 PCD120/5H +30 ボア径:72.6(専用) カラー:ブライトグレーメタリックポリッシュ[e17240]

ハリウッド大作からアジアの小品まで、ドキュメンタリーからアニメーションまで──広く深い「映画の森」です
<< 「花のあすか組 NEO!」美少女アクション 痛快に蘇る | TOP | 「DRAGONBALL EVOLUTION」 世界初上映で舞台挨拶 >>

【送料無料】【ホイール1枚】【BMW】ENCO SA-54R ERZ(エンコ 純正交換タイプ エルツ) 18×8.0 PCD120/5H +30 ボア径:72.6(専用) カラー:ブライトグレーメタリックポリッシュ[e17240]

エルツ) 【送料無料】【ホイール1枚】【BMW】ENCO ERZ(エンコ 【送料無料】【ホイール1枚】【BMW】ENCO ERZ(エンコ +30 18×8.0 カラー:ブライトグレーメタリックポリッシュ[e17240] PCD120/5H ボア径:72.6(専用)

「映画に脇役はいない。役を“こなせない”俳優がいるだけだ」



 日本のオダギリジョー主演、中国の余力為(ユー・リクウァイ)監督の「PLASTIC CITY」(3月14日公開)に、黄秋生(アンソニー・ウォン)が出演した。全編ブラジルロケ撮影の合作映画で、香港きっての個性派俳優が感じたことは──。

 「背景説明が足りないって? すごく正直な意見だな」

 黄秋生(アンソニー・ウォン)は、ぎょろりと目を見開いた。足を組み直し、しばし言葉を探す。

 ブラジルの大都市。日系移民の若い男・キリン(オダギリジョー)は、同じアジア系のユダ(アンソニー・ウォン)に拾われ、息子のように育てられた。ユダはショッピングモールを縄張りに、闇商売で生計を立てている。ところが新たな勢力の台頭により、キリンとユダは激しい抗争に巻き込まれる──。





 南米の密林、湿った空気に入り混じる血。余力為(ユー・リクウァイ)監督の「PLASTIC CITY」は、混沌とした街を刹那的な男たちが行きかう犯罪映画だ。説明を排した抽象的な物語と、色鮮やかで独創的な映像。カメラマン出身のユー監督のこだわりが感じられるが、観客には若干説明不足の感も否めない。

 「監督が何を求めているか、俳優はまず理解しなければならない。演じる場合、俳優には一定の空間、余白が与えられる。私は自分なりに考え、余白の部分に映画の“論理”を入れるようにしている。しかし、限界はある。やはり映画は監督のものだ。いくら一生懸命考えて演じても、カットされれば終わり。編集も撮り直しもある。俳優としてできることに限界はあるけれど、空間さえあれば演技はできる」

ユー監督に求めた 「論理を示さないで」
 撮影に入る前、ユー監督に頼んだという。

 「俳優の余白がなくなるから、監督が論理を示すのはやめてくれってね。論理がないところが、彼の特徴でもある。ああいう環境 プロジェクトμ NS-C フロント左右セット ブレーキパッド ハイラックスサーフ VZN185W F192 プロジェクトミュー プロミュー プロμ NS-C ブレーキパット【店頭受取対応商品】、設定だったからこそ文芸作品が完成した。監督の論理はない方がいいんだ」

 余白さえ与えられれば、どんな役でも演じられる。裏返せば、どんなテーマ、設定、場所、物語、監督であろうと問題ないということだ。演技者として、大変な自信の表れともいえる。

 アンソニー・ウォンとは、どんな俳優か。一言で表現するのは難しい。日本の観客には「インファナル・アフェア」(03)シリーズが記憶に新しいだろう。梁朝偉(トニー・レオン)演じる潜入捜査官を 【吸盤+10個】高品質の日本製!AZワゴンMJ23S系 カーテンいらず遮光防水プライバシーサンシェード リア用 車中泊 仮眠 盗難防止 燃費向上 車中泊グッズ アウトドア オートキャンプ 紫外線 日除け 車用カーテンアップ カスタムパーツ 内装ドレスアップ、厳しくも温かく見守る上司役だった。

 英国人の父と香港人の母のもと、1961年に香港に生まれた。テレビ局の俳優養成所を経て、1985年に映画デビュー。以来二十数年、多い時は年間15本を超えるペースで、出演作は150本を超えている。猟奇殺人犯を演じた「八仙飯店之人肉饅頭」(93)、風変わりなチンピラ役の「欲望の街 古惑仔」(95)シリーズ、香港のアカデミー賞にあたる香港電影金像奨で主演男優賞を獲得した「ビースト・コップス 野獣刑警」(98)。最近は「ザ・ミッション 非情の掟」(99)から「エグザイル 絆」(06)まで、杜[王其]峰(ジョニー・トー)監督作品の常連でもある。質量ともに驚異的な仕事ぶりだ。

 「1本撮って、また1本。作品選びにこだわりもないし、演じる疲れもない。スケジュールが重ならなければ、基本的に出演依頼を受ける。出演料が安い場合は断ることもあるけれど。俳優としてのイメージ? 以前はそうでもなかったが、今は気にするようになった。もう殺人鬼なんか演じないよ。昔だってやりたくなかった。すべて生活のため。ほかに仕事がなかったんだよ」

返還後も香港に軸足 「独自の文化、もっと大事に」
 かつて“東洋のハリウッド”と呼ばれた香港映画界は今、時代と市場の急激な変化にさらされている。最盛期の1990年代半ば、年間300本を超えた製作本数が、昨年は50本台に激減。海賊版の横行、景気後退、娯楽の多様化による映画離れ──。97年の中国返還を境に、大陸に活路を求めて香港映画関係者はこぞって合作の道を模索した。しかし、当局の厳しい検閲制度、製作システムの違いなどで苦戦を強いられている。

 「独自の文化があったからこそ ●送料無料(離島等除く)●●キノクニ●スカイラインクーペ CKV36 タイプP ランマックス ブレーキラインシステム ダイレクトタイプ ステンレス製、香港は生きながらえた。自分たちの文化の良い部分を、香港人はもっと大事にしなければ。近視眼的に、一時的なものを追い求めないことだ。ある香港人が北京の街を撮った。それは香港映画といえるか? 香港人がビクトリア湾を撮った。それは香港映画だろう。香港の特色を出すことが大事だ」

 アンソニー・ウォンは、ジョニー・トー監督と同様、香港に軸足を置き続けている。だからこそ、香港に投げかける言葉は厳しい。香港映画が進むべき道を、彼はどう考えているのか。

 「二つしか方法はない。香港映画人は香港を出て 【送料無料】 トヨタ MHU38W ハリアーハイブリッド 純正ルーフレール ベースキャリアー クロスバー キャリアベース ブラック スライド フロント リア ポン付け 前期後期 純正交換 純正パーツ メーカーパーツ カスタム ドレスアップ 高品質 DIY、合作の道を探る。あるいは香港にとどまり、香港の特色を生かした映画を作る。いずれにせよ、

【送料無料】【ホイール1枚】【BMW】ENCO ERZ(エンコ エルツ) 18×8.0 PCD120/5H +30 ボア径:72.6(専用) カラー:ブライトグレーメタリックポリッシュ[e17240]セール特価

、香港映画は自分の体質を強化しながら、海外市場も求めなければならない。中国と合作すれば問題が解決するわけではない」

四十すぎて思えるように 「俳優は天職だ」
 少し抽象的な質問かもしれない。あなたが考える“いい俳優”とは。そして“いい映画”とは。

 「(しばらく考えて)いや、まったく抽象的ではないよ。とても具体的で、幅の広い問いかけだ。(答えるには)いろいろな条件設定が必要だが……どんな場合も一生懸命に演じ、なおかつ役を“こなせる”人間がいい俳優だ。俺たちの世界ではよく言うんだ。『この世に脇役はいない。役を“こなせない”俳優がいるだけだ』ってね」

 「いい映画か……人によって評価の基準は違うだろう。好みの問題だ。世の中にはアメが好きな人がいれば、ドリアンが好きな人もいる。あるコメディー映画を見て、観客が笑ったとしよう。作った側が観客を笑わせることができた。それはいい映画といえるんじゃないかな」

 では長いキャリアを通して、あなたが一番好きな出演作は。

 「その問いに答える俳優はいないと思うな。じゃあ君は、俺のどの映画が好きなんだ? 『千言萬語』(99)か……そんな地味な作品まで見てくれて、ありがとう」

 厳しい口調が一転、ふっと顔がほころんだ。ところが続けた言葉に、再びぎょろりと目をむいてにらむ。

 「なんだって? 『野獣特捜隊』(94)も好きだって? うわっ、俺の大嫌いな映画だ。最悪だ。もので、この程度しか撮れないのかって思うね」

 やりとりが終わった。アンソニー・ウォンは立ち上がると、両手を頭の上に組んで大きく伸びをした。高層ビルの窓の外には、夕闇の東京が広がっている。車の流れをじっと眺める背中に問いかけた。「俳優という仕事は、天職だと思いますか」

 「……四十を過ぎて、天職だと思えるようになった。孔子も言っただろう? 『四十にして惑わず』って。五十、六十代はどんな俳優になりたいかだって? 生きているかどうか分からないだろ。生きていたら答えるよ」

(文・遠海安 写真・吉田しのぶ)

×××××

「PLASTIC CITY」(2008年、中国・香港・ブラジル・日本)

監督:ユー・リクウァイ
出演:オダギリジョー、アンソニー・ウォン、チェン・チャオロン、ホァン・イー、タイナ・ミュレール

3月14日、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿バルト9ほかで全国順次公開。

写真:殺人犯から神父まで、コメディーからホラーまで。出演本数は150本を超える。「1本撮って、また1本。作品選びにこだわりもないし、演じる疲れもないよ」=東京・日比谷で2月2日
【香港の最新記事】
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
映画の森
http://eiganomori.net/
2006年に誕生した映画情報サイトです。最新作レビュー、監督・俳優インタビュー、記者会見レポートなど、洋の東西・ジャンルを問わず、丁寧にご紹介します。
検索
 
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-62730